自分の夢と向き合うとは。 | Living like Hinako 自分の夢と向き合うとは。 – Living like Hinako
Menu
留学

自分の夢と向き合うとは。


今日はいつもと少し違うことを書いてみようと思います。

私の夢は海外のファッション業界で働くことです。将来的にニューヨーク、ロンドン、パリは制覇したいな。

自分の可能性を広げてくれた”英語” 必ず英語を使う仕事をしたい。と考えています。

今日は自分の夢と向き合うとはどういうことなのか少し話たいと思います。

留学初期、私は今いる環境の愚痴をひたすら言っていたんですよね。

車がないと何もできないとか。友達作るために遊ばないといけないとか。でもお金がないから人脈も経験もつめないとか。

自分が長年夢たっだ環境にいるのに、せっかく留学できているのに、不満ばっかり言っていました。

そんな中親に言われた

それでも自分で選んだ道でしょ?

ハッとさせられました。

自分の夢と向き合う、ということは夢を追う上で襲いかかってくる困難とも向き合うってことなんだと実感しました。

そこからは辛いことがあっても、これが私の選んだ道なんだ。辛くならない程度に、初心を忘れないことを心がけました。

留学初期って新しい環境にのまれて留学前自分が感じていたワクワク、キラキラを忘れがちになっちゃうと思います。

アメリカにいって自分が思い浮かべていた生活が現実と違ったり、忙しい生活のせいでどうしても薄れてしまう。留学なんて来ないとわからないことの方が多いです。ニューヨークにきてからは自分との気持ちを向き合う時間がなく、ワクワク、キラキラというよりは今と向き合うので必死。

だからこそ、初心を忘れないことが大事。

留学前にアメリカ生活を憧れてずっと聞いていたVictoria JusticeのMake It In Americaをたまーに聞いたり、留学を説得するために親に作った資料をたまに眺めたりします。

もちろん周りの協力なしでは留学できていないし、私の可能性を信じ、海外大学留学させてくれている親に大感謝です。

留学初期は、新しい場所にadjustしないといけなかったり、自分の住む新しい環境に慣れないといけなかったり、余裕ができるまで時間がかかると思います。

カリフォルニアで2年間過ごしたけど、ニューヨークに移ってから初めの1ヶ月はやっぱり新しい環境に慣れるのに時間がかかった。

ただ、前は新しい環境に来てから知らなかったり、出来なかったことがあると、焦りに感じていたことが1つの発見として考えられるようになりました。

成長!笑

もちろん楽しいいこともいっぱいあるので、留学するのにずっと憧れていた中学生の時から比べると

たくさんいろんなことを経験できているなと自信になります♡

今は大学を休学中だけど、日本にいても出来ることはいっぱいあるし、むしろ充実していて楽しい!!!

将来のビジョンをコロナのせいで薄れさせるわけにはいかない!

前だけ向いて進むぞ~☀︎

Thank you for reading…♡

もうすぐハロウィンだからカリフォルニアでのハロウィンの思い出貼っておこっと♡

Hinako

No Comments

    Leave a Reply

    CAPTCHA