【FIT留学】ファッション工科大学の魅力 | Living like Hinako 【FIT留学】ファッション工科大学の魅力 – Living like Hinako
Menu
FIT / 留学

【FIT留学】ファッション工科大学の魅力


2020年1月〜ニューヨーク州立ファッション工科大学=Fashion Institute Technology(通称:FIT)に通っています。

編入を真剣に考え始めたころに困ったのは、FITをネットで調べてみても2014年や2017年のブログなど古いものばかり、、最近のFIT関連のブログが少なく情報収集に困っていたので現学生である私がFITの魅力をシェアします!


プロに学べる

FITのプロフェッサーは少なくともそのフィールドで10年の経験が必要なのでプロが集まっています。

ファッションジャーナリズムの教授の中には、Seventeen, Vogue, Harpar’s Bazaarで働いていた人がいたり、マーケティングの教授は100円マックを考えた人だったりファッション業界での経験が長いプロから専門知識を学べます。

プロフェッサー自身のコネクションもすごい方ばっかりなので仲良くなった方がいいです。(ちなみにFITのプロフェッサーはおじいちゃん先生が多い。)

日本だと媚を売っていると言われがちだけど、海外大学ではプロフェッサーと仲良くすることは生きる上で必須。インターンの機会をくれるプロフェッサーもたくさんいます。

最高のロケーション

キャンパスはマンハッタンのチェルシーにあり、ニューヨークのTHE 中心部にあります。

タイムズスクエアは歩いて20分、チェルシーマーケットまで10分、ファブリックが買えるお店もいっぱい近くにあります。

UCLAみたいなとっても広いキャンパスと言うよりは、こぢんまりとしていて歴史のある建物と言う感じ。

よく大学からもCity is your campus.(ニューヨーク全体があなたのキャンパスなのよ)と言われるので大学内だけではなくて、大学外でも色々と行動しなさいと何千回も言われました。自分の行動力次第でいろんなチャンスに出会えると思います☀︎

モチベーションが上がる環境

FITの学生はみんなインターン、プロジェクト、仕事で常に忙しくしています。すでに自分のブランドを持っている人、起業している人が普通にたくさんいます。

そのフィールドでのコネクションが作れるし、友達はモチベーションをあげてくれるけど、競争率は高い

みんなが敵。とまでは言わないけれどtalentedな人が本当に多いので特にデザイン系の生徒はライバルが多くて大変そうでした。

周りの生徒がめちゃめちゃインスピレーションくれることには間違い無いので、そんな友達と一緒にいると成長できます。

ちなみに勉強はまじで楽しいです。私はマーケティングを学んでいるので日本語でも理解できないくらい難しいことも勉強するけど、好きなこと、知りたいことを学べているし、満足。

常にアートやファッションに触れられる

大学内はアートでいっぱい!大学の壁はillustration専攻の生徒がsenior project で描いたアートに囲まれていて、本当にみんなcreative!

Processed with VSCO with c1 preset

他にも、FITの美術館はニューヨークでも有名で無料で入れます。定期的にテーマが変わって有名デザイナーの作品が展示されています。

セキュリティが厳重

留学を決める際に”治安が心配”と思う方が多いかもしれませんが

FITはニューヨークの5区(the Bronx,Brooklyn,Manhattan,Queens,Staten Island の 5 区)で一番安全なキャンパスとして有名でセキュリティーは超厳重。

すべての建物の入り口に警官が24時間体制で立っていて、入る際に毎回必ずSTUDENT IDを見せないといけなくて、忘れて素通りするとHEY YOU!!!と大声で注意されます 笑

なので私はいつもSTUDENT IDを首から下げてます。

Diversityを考慮した環境

ニューヨークのど真ん中にある大学なので、もちろん、いろんなバックグラウンドを持ったいろんな国から来ています。留学生も多く、中国、韓国、インド、インドネシアなど国際性豊か。

バイリンガルやトライリンガルの人が多く、クラスで2ヶ国語以上話す人は手をあげてとプロフェッサーが聞いた時に9割の生徒が手をあげていたのが印象的でした。

また、宗教やカルチャー、ジェンダー(LGBTQIA+)を尊重し合おうという考えが強くて学期初めのオリエンテーションではgender streotypeを考えなすようなトークセッションが行われていました。

他にも、初回授業の自己紹介のときに必すみんな自分のpronounsを言います。

例えば私だったら Hi, I am Hinako. I go by she, her, hers. とか

My pronouns are she, her, hers. と言って、自分の代名詞を自己紹介に付け足します。

他にもプロフェッサーは、Hey guys!やHey ladies! と言うのではなく

Hey, everyone?How are all y’all doing? と言うようにしてるみたいです。

大学内にもGender Inclusiveの寮があったり、all-genderが使えるトイレがあります。

さすがニューヨーク!


【ファッション工科大学(FIT)で最初の学期を過ごしてみて感想】

ファッションビジネス大学としては世界ランク1位と言われているだけあって環境がとりあえず最高。ただ、勉強は難しいし、アメリカ3年目でもまだまだ追いついて行くのに必死。他の留学生の英語レベルも高いし、本当にcreativeな人が多いので私も頑張らないと、と日々奮い立たせられます!自分のしたいことが決まっていて、パッションをしっかり持っている人ならFITでいろんなチャンスを掴めるはずです!

今後もFITに関するブログもいっぱい書いていこうと思います。

リクエストあればコメントお願いします☀︎

Thank you for reading…♡

No Comments

    Leave a Reply

    CAPTCHA